« <海がきこえるを語る@ブログ案内> | トップページ | ポポロ東宝が無くなる。 »

2005年3月14日 (月)

海がきこえる続編を作るとしたら…。

 3月8日、新橋の某テレビ局でジブリ関係者と会って雑談したときに、アニメ版海がきこえる続編を今でも個人的には作りたいのだけど内容はどんなのが良いか聞かれたのです。

 普通考えられるのは、小説の続編「海がきこえる アイがあるから」からエピソードを選べば良いのだけど、舞台が東京中心になっているので、海がきこえるらしさが出にくいのでは話し合ったのです。また、武田真治主演の実写版にて続編が作られているのでインパクトが弱いかと思うのです。

 自分とすれば、小説の続編を使うより、海きこⅠの里伽子が高知に帰省して8月よさこい祭り前に帰京したエピソードを膨らまして、里伽子と母親の確執から和解して拓と松野達三人で四万十川へ遊びに行ったのなどオリジナルを入れれば面白いのでは考えたのでした。

 もし、あなただったら海がきこえる続編はどのような内容が良いでしょうか。意見を聞かせてください。ちなみに、これはあくまでお遊びです! お間違えのないように…。公式なコメントではありませんが投稿が集まったらジブリ関係者に見せるつもりです。

 海がきこえるファンの意見をお待ちしております。一人で複数の投稿も歓迎します。

 ※(文章追加編集済05.14 22:08)

|

« <海がきこえるを語る@ブログ案内> | トップページ | ポポロ東宝が無くなる。 »

コメント

はじめまして。「海がきこえる」に興味を持ってジブリ版のDVDを見た後で、原作や続編について検索していたらこちらにたどりつきました。「アイがあるから」を、ぜひジブリの手で映像化して欲しいです。登場人物達に起こる出来事、心の動きを余すところなく。それに住んでいる街並みも。でも何十分の単位では時間が足りなそう。
変わった発想ですが、例えばジブリ版がそうだったように若手スタッフの手で、例えば1クール13話とかで映像化してくれたらいいなと思います。
様々なアニメ作品がこれでもかと作られる中、私のようなおじさんが、抵抗なく、素直に共感して少しでも感動できる作品があまりに少なくて。

投稿: kamome | 2006年10月18日 (水) 03時13分

はじめまして。
海がきこえるは、実はジブリの中でも一番好きな作品で、
こんな素敵なプランがあるのか!?と思い、
つい書かせて頂きました。

基本的には、やっぱりアイがあるから、メインになると思われます。
ドラマはドラマで切り離していいと、思いますが。

大学時代はもちろんなのですが、どーにか松野も絡めたいですね。
これをいかにまとめるか、が難しいですね。

外せないのは、田村さんと津村さんの出会い、美香さんとの絡み、
そして、里伽子と拓の喧嘩、津村さんに振り回される拓、
それによって、里伽子の気持ちに気付く拓、
病院でのやり取り、拓の部屋での出来事、
そして、高知で松野を含めて、海を眺める・・・、
という流れでいかがでしょうか。

なんにしろ、続編を映画館で見てみたいですね♪

投稿: 海がきこえるファン | 2005年8月 1日 (月) 23時29分

ブログでは初めましてよろしくお願いいたします。ブログも書かれていたのですね。
興味が沸いたので着て見ました。
続編ですか、良いですね。同じ場所同じ人物でも時がたてば変わりますので、凄く放送して貰いたいです。
アルテミスさん>初めまして、アルテミスさんの言う通り拓の大学生活を僕も見て見たいので、どんな風に描かれるかもしも放送をすることになれば楽しみです。
余談
DVDを元中の友達から先日、購入いたしました。DVDをやいてもらいました。そのほかのジブリシリーズもあります。

投稿: 小山康之 | 2005年6月20日 (月) 21時29分

>>ジブリ版では田坂さんや津村さんが出てこなかったので 二人との出会いなんかぜひ入れてほしいです。

 二人だけでも新しく話が出来そうですね(笑)。海がきこえる続編とすれば、どのような物語だと良いでしょうか?

投稿: 中島 秋則 | 2005年5月15日 (日) 09時40分

 中島さん お久しぶりです。ブログも開設されて
いたのですね

>アニメ版海がきこえる続編を今でも個人的には作りたいのだけど

 おお! 水面下でそんな計画があったとは。
実写版が一応続編と自分で解釈してましたが やはり
ジブリ版の続編も観たいと思っていました。

 ジブリ版では田坂さんや津村さんが出てこなかったので 二人との出会いなんかぜひ入れてほしいです。
また今度はもうちょっと長い時間(2時間ぐらい)の
作品でじっくり観てみたいです。ではまた。

投稿: ヒールホールド | 2005年5月14日 (土) 21時18分

はじめまして、中島さん。
「海がきこえるらしさ」ですか・・・難しいですね。
東京中心での話しとなると、Ⅰで高校時代に里伽子に振り回され続け、反発しあって、それでも心を引かれていく自分を気付いているのか、いないのか、表には出さず、しまいには松野にまで殴られる。でも最後には自分の気持ちに素直になって里伽子が好きだと気付いて高校時代が終わる。
東京でも、高校生の時と同じように、拓はいろんな人に出会って振り回されて、そこで何かを学び、他人に対して優しさやアイをもって接していく、Ⅱの美香さんの病院騒動後の拓の部屋での里伽子とのやり取りを山場にして展開していけばいいと思うのですが、なんだか自分でも何が言いたいのかわかりません(笑)

投稿: ひろ | 2005年3月23日 (水) 12時06分

 ひろさん、こんばんは!

>>アニメ版で高知を中心としてストーリーが展開されましたので、もし続編があるならば、東京中心での話しでもいいかなぁと

 確かに、「ストレス解消で、メイクしていい服きた里伽子」も見たいです(笑)。東京中心としても海きこらしさを表現するとすればどんなエピソードを増やせば良いのでしょうか?

投稿: 中島 秋則 | 2005年3月21日 (月) 21時12分

はじめまして、ちょっと興味深いお話なので参加させて下さい。
つい最近、久しぶりに小説を読んで感じたことは「この場面を、あの場面をアニメでやったらなぁ」というものでした。個人的に言えば東京で拓が里伽子を野球に誘って遊びにいくところとか、意見として出てますが四万十川へのドライブなど、とくにウナギを食べながらの会話のシーンで里伽子がバイトしていることに驚いた拓が「バイト・・・・」と呟くところなど、ほんっとに個人的すぎますが、そういった何気ないシーンが見てみたいです。
アニメ版で高知を中心としてストーリーが展開されましたので、もし続編があるならば、東京中心での話しでもいいかなぁと思います。アニメ版では東京での里伽子の生活がほとんどなかったので、それも見てみたいです。
ドラマも東京中心の話しでしたが、アニメになれば、また違った雰囲気があって面白いのではないかと思います。
長文ですみません、ふと思ったことを勢いで書いてしまいました。

投稿: ひろ | 2005年3月21日 (月) 16時39分

アニメージュが四万十川までだから、その後にアイがあるからのストーリーをつなげる。

それかアニメージュは使わない、海がきこえるとアイがあるからだけで作るか、かな~

アニメージュ、ハードカバー両方とも好きなので結局はドラマみたいなのがいいのかな~インパクトは弱くなるけど。

難しいですね~もうすこし考えてみます。

ただ、海がきこえるらしさってなんですかね~(笑)
ながくファンをやってますがまだ良く分かりません(笑)

投稿: アルテミス | 2005年3月18日 (金) 22時03分

 アルテミスくん、お久しぶりです。元気ですか?

 マイナーな@ブログにようこそです(笑)。

>>アニメージュとアイがあるからをまぜて作ってみてはと思います。

 自分が作品を作るとしたらどんな感じになります。良かったらもっと詳しく教えてください。

投稿: 中島 秋則 | 2005年3月17日 (木) 18時05分

アニメージュとアイがあるからをまぜて作ってみてはと思います。

また主要メンバーだけではなく、水沼、染谷、須貝といったドラマでは全て省かれている人達を見たいですね。

つまり恋愛だけでなく、拓の学生生活も見てみたいです。

投稿: アルテミス | 2005年3月16日 (水) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« <海がきこえるを語る@ブログ案内> | トップページ | ポポロ東宝が無くなる。 »