« 海がきこえると涼宮ハルヒの憂鬱を検証2 | トップページ | 海がきこえるを検証 1 »

2006年11月 1日 (水)

海がきこえると涼宮ハルヒの憂鬱を検証3

Haruhi061101_2  小説・涼宮ハルヒシリーズ第8巻「涼宮ハルヒの憤慨 ~ワンダリング・シャドウ~」にて、長門有希がきょんに「海がきこえる」の本を貸し出すエピソードがあります。

 「まだ中盤までしか読めていないが、それは高校生から大学生に至る二人の男女が織りなす恋愛小説らしく、SFでもミステリでもファンタジーでもない、ごく普通の世界の物語で、様々な意味でその時および現在の俺の気分に合致していた。」

涼宮ハルヒの憤慨 ~ワンダリング・シャドウ~ 290pより一部抜粋

 これだけの情報量だけでは長門有希がきょんに貸した本を「海がきこえる」と断定するのは難しいのですが、長門有希の100冊に「海がきこえる」が選ばれたのを考慮すると、~それは高校生から大学生に至る二人の…~ 武藤里伽子が両親の離婚で高知の高校に転校して杜崎拓と知り合い、東京の大学に進学したときに里伽子と拓が再会して少しずつ引かれ会う二人が想像できるのです。

 SOS団部室で、難しい本ばかり読んでいる長門有希が青春恋愛小説に興味があるかと思うと親近感がわきますね。ハルヒときょんは里伽子と拓の関係? 長門有希も里伽子になりたかったのか…。

※注意 似ていると思っているのは、あくまで個人の感想で断定するものではありません。

(07.06.16 追記)

|

« 海がきこえると涼宮ハルヒの憂鬱を検証2 | トップページ | 海がきこえるを検証 1 »

コメント

 書き込みする場所がわからないとの事ですが、アニメ、小説、ロケ地などのカテゴリーに当てはまる話題であればそこで書き込みをお願いします。判らない場合はそこら辺でお願いします(笑)。

 海がきこえるが放映されて長い月日が経っていますが、いまでも新しいファンが出来るのは本当に嬉しいですね。

 小説もアニメ以上に面白いので一読されるのをお勧めします。後で感想などもらえると嬉しいです。

投稿: 中島秋則 | 2007年3月 9日 (金) 15時51分

BBSがどれか分からなかったのでこちらで失礼します
ジブリから海がきこえるを ちっちゃい時に見たのを思い返して
久々に見てみました(VHS)
良いですねあれ♪
人間味に古さを感じさせない 微笑ましいアニメーション(今でこそ分かるかな)ですね
続編にあたる文庫を読んでみようと思います
今後この会話に混ざれたらなと思い  また書かせて頂きます


投稿: 海がきこえるを歩く拝見しました | 2007年3月 8日 (木) 19時48分

>>なぜ涼宮遙がハルヒの元ネタとして使われるに至ったのかということですね。

 単純な疑問として、涼宮遙のキャラがハルヒ(名前)にどのようにして影響されたのか知りたいと思ったのです。

>>※一つお詫びしなければならないことがあります。ハルヒの名前を決めたのは作者です。

 情報修正ありがとうございます。いつか解明されるのを待ちたいと思います。

 ハルヒもTV続編、新刊等いろいろと動いているようで楽しみですね。

投稿: 中島秋則 | 2007年2月17日 (土) 10時56分

>>ハルヒの名前の由来ですが、どのような理由で決まったのでしょうか。

繰り返しになりますが、ハルヒの名前は、恋愛アドベンチャーゲーム『君が望む永遠』のメインヒロインの1人の名前、涼宮遙(「はるか」と読み、ハルヒと1文字違い)に由来していると思います。ご質問はこれに対するもので、なぜ涼宮遙がハルヒの元ネタとして使われるに至ったのかということですね。例えば、ヒロインの名前を、武藤里伽子を文字って武藤リカヒにするという可能性もあったのに、そうではなくなぜ涼宮遙を文字ったハルヒにしたのかということですね。まずこの点を明確にしたいのでお返事ください。

※一つお詫びしなければならないことがあります。ハルヒの名前を決めたのは作者です。私が調べた結果、ハルヒの名前の由来に対する作者の明言を見つけることができませんでした。よって、最初のコメントで「ハルヒの名前は有名なゲームのヒロインに由来します」と断言したことは私の過失です。ごめんなさい。この断言は推論に訂正します。

>>それらについて本か何かに記事が載っていたのでしょうか。良かったら教えてください。

知りません。お役に立てず申し訳ありません。ちなみに、ハルヒの名前の由来については、私の知識といくつかのウェブサイトで得た情報に基づいて推論しました。

投稿: mitsukus | 2007年2月16日 (金) 05時52分

>>ヒロイン3人のうちの1人が涼宮遙(はるか)といって、ハルヒの名前はここからとられた

 ハルヒの名前の由来ですが、どのような理由で決まったのでしょうか。

 それらについて本か何かに記事が載っていたのでしょうか。良かったら教えてください。

投稿: 中島秋則 | 2007年1月21日 (日) 12時21分

追記:ハルヒと『君が望む永遠』の内容は関係ないと書きましたが、ちょっと調べたらそうでもないようです。どの辺が関係あるか知ってて見たり、知らなくて後で調べたりするのは、この記事同様楽しいことだと思います。

投稿: mitsukus | 2007年1月19日 (金) 10時01分

>>ハルヒの名前が有名なゲームのヒロイン名とは知りませんでした。

ではそんなに有名ではないのかもしれませんね。それは『君が望む永遠』という恋愛アドベンチャーゲームで、アニメにもなりました。そのメインヒロイン3人のうちの1人が涼宮遙(はるか)といって、ハルヒの名前はここからとられたのだと思います。名前を取っただけで内容は関係ないようなので、もとが本だとしても長門有希の100冊には入っていないでしょうね。今となっては、ハルヒのほうが圧倒的に有名なので、涼宮遙と聞くと逆にパクリだと思う人も多いでしょうね。アニメ版では別のキャラクターがヒロインだったのですが、現在涼宮遙をヒロインとするアニメが制作されているところです。これで少しはハルヒから知名度を巻き返すことができるでしょうか。

>>100冊完読したいファンは読むでしょうね。

ぜひ読んでほしいです。長門有希の100冊さっき調べたのですが、最後が宇宙言語のやつで、海きこはその前にリストされていて、目の着きやすい場所に位置しています。上から順に読んで99冊目に読むんじゃなくて(それだったら多くの人はそれまでに挫折するでしょう)、早めに読んでほしいです。99冊目に位置するところがこの作品の性質をよく表しているとも言えますが。

投稿: mitsukus | 2007年1月19日 (金) 09時46分

>>ハルヒの名前は有名なゲームのヒロインに由来しますが、

 今年に涼宮ハルヒの憂鬱の続編があるとの噂ですが、ハルヒの名前が有名なゲームのヒロイン名とは知りませんでした。どのような作品でしょうか?

>>ハルヒのファンは巨大なので、そこから『海きこ』もさらに広まったら

 長門有希の100冊に海がきこえるが選ばれたので、100冊完読したいファンは読むでしょうね。ただし、宇宙言語で書かれた1冊を除いて…(笑)。

投稿: 中島秋則 | 2007年1月 8日 (月) 14時07分

私はハルヒはほとんど知らないのですが、こんなことがあるんですね。『海がきこえる』を知る人のみの愉しみですね。ハルヒの名前は有名なゲームのヒロインに由来しますが、『海きこ』も元ネタに使われてもしかるべき素晴らしい作品だと思います。ハルヒのファンは巨大なので、そこから『海きこ』もさらに広まったらいいなと思います。

投稿: mitsukus | 2007年1月 7日 (日) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海がきこえると涼宮ハルヒの憂鬱を検証2 | トップページ | 海がきこえるを検証 1 »