2008年10月23日 (木)

海がきこえると平成狸合戦ぽんぽこを検証2

Heisei070709b_2

                          

                        

                          

                        

                          

                           

                                                        

物語の最後近く、ぽん吉が人間と共存するためにサラリーマンとなり電車のラッシュアワーで階段を上っている反対側に里伽子らしい人物を見つけることが出来ます。

 ムスッとした横顔ですが、ヘアースタイルと制服とネクタイの色が設定と同じなので個人的には里伽子かな~と思っています(笑)。

 DVD再生時間約1時間52分ぐらいにあります。 

※注意 似ていると思っているのは、あくまで個人の感想で断定するものではありません。                  

 (平成狸合戦ぽんぽこDVDより掲載)

| | コメント (0)

海がきこえると平成狸合戦ぽんぽこを検証1

Heisei070709a_2                             

                        

                        

                       

                          

                     

 

本屋の窓に海がきこえるポスターが貼られています。

 コーラの自販機よこに里伽子の絵柄を小さいながら見つけることが出来ます。

 DVD再生時間16分ぐらいにあります。

 (平成狸合戦ぽんぽこDVDより掲載)

| | コメント (0)

2008年1月22日 (火)

海がきこえると耳をすませばを検証1

Mimi070709  

 

 

 

 

 

            
         耳をすませばに、里伽子と拓が出ています。

 雫がお父さんにお弁当を届けるシーンで、向原駅から電車に乗ったところホーム反対側に二人が描かれています。

 画像は小さいですが里伽子が制服を着ていて、拓は手にビニール袋を持っています。成城学園から向原駅になぜいるのでしょうか? (笑)。

 この情報はmixiより見つけました。

※注意 似ていると思っているのは、あくまで個人の感想で断定するものではありません。

(耳をすませばDVDより掲載)

(08.01.22)

| | コメント (9)

2007年7月 7日 (土)

海がきこえるを検証 5

070707b_1

                                                                                                                                                                                                                               里伽子と拓が高知から東京へ飛行機で向かう道中、拓が機内PR誌をペラペラとめくっています。

 このページには、平成狸ぽんぽこの関係記事が載っています。さすがに文字が小さくPhotoshopでページを拡大しないと読めませんでした(笑)。

 判読不明の文字もありますが、下記のように書かれています。

日本動物王国
たんたん狸の謎を探る!!
次回の作品は平成狸合戦ぽんぽこだ!
(狸がお腹をぽんぽこ叩いているイラスト入り)

 それ以外にもアニメとかシンポジウムなどが読めそうです。どなたか判読出来る人はいませんか。
(海がきこえるフィルムBOOK 84p)

070707d_1                                          

                                                                   

                                                                                            拓が里伽子と吉祥駅ホームで再会するシーンに、スタッフ関係者(近藤勝也さん?)が二人の中央に描かれています。

 海がきこえるフィルムBOOKに、吉祥寺駅ホームで里伽子がページをめくるシーンを演出助手に演技してもらったとのコメントがあります。

 絵柄を見るとスケッチしている近藤勝也さんだと思うのです。皆さんはどうでしょう。 (海がきこえるフィルムBOOK 187p)

(海がきこえるDVDより掲載)

(07.07.07)

| | コメント (0)

海がきこえるを検証 4

070707a  

                          

                         

                              

                      

                      

 

 廊下で成績表を拓たちが立ち見しているシーンで、制作スタッフの名前を微妙に替えて載っています。

高橋のぞみ→高橋望(プロデューサー)

古谷由夫→  古谷由実(色指定)

などが確認できます。他にも知ってる方がいれば教えてください。(海がきこえるフィルムBOOK44p)                                                         

070707c                                 

                           

                         

                         

                         

                     

 

 成城学園坂道で右側の電信柱よこに近藤精神病院の看板があります。これは近藤勝也さんまたは近藤喜文さんの名前を使ったものと思われます。

 当初、成城学園坂道の場所が判らず南口とか探し歩いたのでした。このときフィルムBOOKを見て近藤精神病院を探そうかとマジに考えたのでした(笑)。(海がきこえるフィルムBOOK87p)

(海がきこえるDVDより掲載)

(07.07.07)

| | コメント (1)

2007年6月16日 (土)

海がきこえるを検証 3

Runa_01

 ルナハイツ2 星里もちる 小学館 2004年4月1日初版  505円(税別)

 アットホームな作品が多い星里もちるさんの単行本ルナハイツ2巻に、小さく海がきこえるDVDが描かれています。

 星里さんも海がきこえるファンなのでしょうか。                                                                                    

                                                     

                                                                                                             

                                                               Runa_02_2 第6話の表紙(105p)右側の女の子の手に海がきこえるDVDを持っています。本編のストーリーには全く関係ありません(笑)。

 小さく描かれているのと手に隠れて、DVDタイトル「~がきこえる」しか判りません。

 パッケージ絵も輪郭線で省略されていますが、里伽子と拓が堤防を歩いているのが判読できます。

 本編中108pなど他に、女の子がDVDを持っていてタイトルも海がきこえるだと判明出来るのもあります。

 情報提供は、えいみいるさんでした。感謝です。

(07.06.16)

| | コメント (0)

海がきこえるを検証 2

Umi070606  

                                  

                          

                         

                         

                          

 

 ラストシーンで、拓がホーム反対側に里伽子を見つけて走りだすシーンに紅の豚映画看板が描かれています。

 当時、吉祥寺の映画館でも紅の豚が上映されたのでしょうか。(海がきこえるフィルムBOOK184p)

(海がきこえる、DVDより掲載)

(07.06.16)

| | コメント (4)

海がきこえるを検証 1

Umi061010                                                                                                                                      

                                    

 海がきこえるファンにはよく知られていますが、紅の豚のポルコが出ています。

 学園祭シーンで、右下のテーブルでポルコがうどんを食べています。(海がきこえるフィルムBOOK143p)

(海がきこえる、DVDより掲載)

(07.06.16)

| | コメント (0)

2006年11月 1日 (水)

海がきこえると涼宮ハルヒの憂鬱を検証3

Haruhi061101_2  小説・涼宮ハルヒシリーズ第8巻「涼宮ハルヒの憤慨 ~ワンダリング・シャドウ~」にて、長門有希がきょんに「海がきこえる」の本を貸し出すエピソードがあります。

 「まだ中盤までしか読めていないが、それは高校生から大学生に至る二人の男女が織りなす恋愛小説らしく、SFでもミステリでもファンタジーでもない、ごく普通の世界の物語で、様々な意味でその時および現在の俺の気分に合致していた。」

涼宮ハルヒの憤慨 ~ワンダリング・シャドウ~ 290pより一部抜粋

 これだけの情報量だけでは長門有希がきょんに貸した本を「海がきこえる」と断定するのは難しいのですが、長門有希の100冊に「海がきこえる」が選ばれたのを考慮すると、~それは高校生から大学生に至る二人の…~ 武藤里伽子が両親の離婚で高知の高校に転校して杜崎拓と知り合い、東京の大学に進学したときに里伽子と拓が再会して少しずつ引かれ会う二人が想像できるのです。

 SOS団部室で、難しい本ばかり読んでいる長門有希が青春恋愛小説に興味があるかと思うと親近感がわきますね。ハルヒときょんは里伽子と拓の関係? 長門有希も里伽子になりたかったのか…。

※注意 似ていると思っているのは、あくまで個人の感想で断定するものではありません。

(07.06.16 追記)

| | コメント (9)

2006年10月12日 (木)

海がきこえると涼宮ハルヒの憂鬱を検証2

Umi061011

                             

                             

                          

                          

                          

                   

 

 海がきこえるの教室廊下と涼宮ハルヒの憂鬱でSOS団のある文化部の部室棟(通称旧館)廊下が細部は違うけど雰囲気がよく似ていると思うのです。

 拓たちの教室入り口は引き戸で廊下側に窓があるけど、SOS団部室の入り口はドアで窓は無いです。天井の梁ぐあいも似ていると思います。

 涼宮ハルヒ達が通う北高校はモデルが実在していますが、部室がある旧館は存在するのでしょうか?

 なんか、ここまでレイアウトが同じだと海がきこえるを意識しているのでしょうね(笑)。

Haruhi061011

 

 

 

 

 

 

 

 ※注意:シーンが似ていると思っているのは、あくまで個人の感想で断定するものではありません。

 (海がきこえる、涼宮ハルヒの憂鬱Ⅱ、DVDより掲載) 10月12日14:55記載

| | コメント (0)